おやこ名刺は渡す場面を考える

おやこ名刺は渡す場所を考えなければいけない注意点があります。基本的におやこ名刺は可愛いデザインのものがほとんどなので、ビジネスシーンや改まった場所には適しません。完成したばかりのおやこ名刺を渡したいと考える人もいるでしょうが、状況を間違うと周囲を不快にさせるので注意してください。せっかくのおやこ名刺も渡す場面を間違えると喜んでもらえないので気を付けてください。

QRコードおやこ名刺を渡す場面と言えば、ママ友とのランチタイムなどが一番です。かしこまって渡すのではなく、気軽に渡せる場面を選んでください。ママ友の間でありがちなのが、相手にもおやこ名刺を要求することです。おやこ名刺は交流をするための補助アイテムであり、相手に強要するものではありません。相手が作った時はちょうだい、程度に抑えておきましょう。

近年は名刺にQRコードをつける人もいます。QRコードを読みこむことで、簡単にスマートフォンへの登録が出来る工夫のひとつです。手打ちでアドレスを打ち込むのは面倒なので、QRコードを使ったおやこ名刺にすれば相手も登録が簡単になります。

最近ではデザインが豊富な名刺作成業者などもありますので、活用してみると簡単に作れておすすめです。名刺作成サイト「デザイン名刺.net」でもおやこ名刺の作成を受け付けています。幼稚園や保育園でママ友作りに活躍している名刺で、ご両親の名前も一緒に入れられるかわいい名刺が作れるようです。

幼稚園・保育園・PTA・ママ友などで活躍する名刺。パパ・ママとお子様のお名前が併記されているかわいい名刺です。

おやこ名刺は年々進化しているので、自分に適したサービスがある印刷会社、自分だけのオリジナル名刺のために自作するなど、自分らしいおやこ名刺を作っていきましょう。