おやこ名刺のメリットとは

おやこ名刺のメリットとして、電話番号や住所、SNSのアドレスやIDなどをすべて簡単に伝えられます。これらを口頭で言うのは無理がありますし、教えたくない人まで知られてしまう可能性があります。しかし、おやこ名刺に必要な情報をすべて記載しておけば、無理なく教えることが出来るのです

名刺近年はおやこ名刺に、子供のアレルギーを書く人もいます。これは、アレルギーを持つ子供が他の家に遊びに行った際、先方がアレルギーに関するものを避けてくれるように記載したものです。おやこ名刺を渡すほど仲が良ければ、アレルギーに関する情報は口頭で伝えるかもしれませんが、うっかりがないようにおやこ名刺に記載する人もいます。相手としても、きちんと分かる情報を記載しておいてくれることで間違いがなくなるので助かります

おやこ名刺には、子供の名前の読み方を記載する人も少なくありません。キラキラネームや当て字を使った名前の場合、相手が読めない可能性があります。名前を間違うのは失礼になるため、なかなか相手は名前の読み方を聞けないケースもあるのです。そういった時に、名前にフリガナがついていると名前を間違わずにすむので助かると答える人も多いのです。

おやこ名刺は渡す場面を考える

おやこ名刺は渡す場所を考えなければいけない注意点があります。基本的におやこ名刺は可愛いデザインのものがほとんどなので、ビジネスシーンや改まった場所には適しません。完成したばかりのおやこ名刺を渡したいと考える人もいるでしょうが、状況を間違うと周囲を不快にさせるので注意してください。せっかくのおやこ名刺も渡す場面を間違えると喜んでもらえないので気を付けてください。

QRコードおやこ名刺を渡す場面と言えば、ママ友とのランチタイムなどが一番です。かしこまって渡すのではなく、気軽に渡せる場面を選んでください。ママ友の間でありがちなのが、相手にもおやこ名刺を要求することです。おやこ名刺は交流をするための補助アイテムであり、相手に強要するものではありません。相手が作った時はちょうだい、程度に抑えておきましょう。

近年は名刺にQRコードをつける人もいます。QRコードを読みこむことで、簡単にスマートフォンへの登録が出来る工夫のひとつです。手打ちでアドレスを打ち込むのは面倒なので、QRコードを使ったおやこ名刺にすれば相手も登録が簡単になります。

最近ではデザインが豊富な名刺作成業者などもありますので、活用してみると簡単に作れておすすめです。名刺作成サイト「デザイン名刺.net」でもおやこ名刺の作成を受け付けています。幼稚園や保育園でママ友作りに活躍している名刺で、ご両親の名前も一緒に入れられるかわいい名刺が作れるようです。

幼稚園・保育園・PTA・ママ友などで活躍する名刺。パパ・ママとお子様のお名前が併記されているかわいい名刺です。

おやこ名刺は年々進化しているので、自分に適したサービスがある印刷会社、自分だけのオリジナル名刺のために自作するなど、自分らしいおやこ名刺を作っていきましょう。

おやこ名刺とは

近年は名刺にも多くの種類が出てきました。その中で、ママ友専用と言っても過言ではないのがおやこ名刺です。おやこ名刺は何度か顔合わせや話して、もう少し仲良くなりたい人に渡すのが一般的です。特に、子供同士が仲良くしている場合、母親に合う機会があれば「〇〇の母です」と言って渡すと自然です。

おやこ名刺おやこ名刺を渡す意味として、同じ年ごろの子供を持つ親同士で親睦を深めようというものがあります。実際におやこ名刺を渡された後の方が仲良くなれたという意見も少なくありません。その理由は、おやこ名刺に書かれていた趣味で共通の話題が出来たという人もいるからです。そこから話題が広がり、子供の友達の母親という境を超えて仲良くなれるパターンもあります。

おやこ名刺を配る人の中には、入園式や入学式で母親全員に配る人もいます。しかし、これはまだ相手がどんな人か分かっていないため個人情報が書かれたものを渡すのはリスクが高いのでやめましょう。同じクラスの子供の母親に悪意がある人がいるとは考えたくありませんが、実際にはおやこ名刺の情報をインターネットに流した人もいるので、ある程度気に留めておいた方がいいです。ママ友と言っても、クラス全員の母親と仲良くなれるわけではありません。自然と仲良くなっていく人は決まっていくでしょう。特に仲の良い人に渡すという認識で作った方がいいです。おやこ名刺は基本子供の写真を使う人がほとんどなので、悪用しない人を見極めて渡すようにしてください。